戸建ての改装は新築二世

新築二世

痛んでいる悪い材料は取替えて、新たに新築と同様に作り変える方法です。

古くなった建物等は、一部を増改築しようとすると、建築確認が取得出来ない事が有ります。こんな時は建直すには大変な費用と労力が必要になってしまいます。

そこで今までの建物を構造体だけの裸(スケルトン)にして、痛んでいる悪い材料は取替えて、新たに新築と同様に作り変える方法です。この方法ですと、建物を解体して新築するよりは半分くらいの価格で実現いたします。又、設備機器の位置を設定固定して、間取りも家族の成長に合わせた時代に変化耐用出来る、収納庫、間仕切壁、建具等を着脱移動出来る自由間仕切りシステムをご活用すればご家族の暮らしが充実した生活が送れます。

戸建て住宅は中々切欠が無いと、大工事のリノベーション工事には踏みきれないでしょうね。仮住まい探し、引越し、部屋の片付け、又帰ってくるとなると、片付け、引越しと面倒になってきてしまいますね。しかし古い家に住み続けるのは、地震も何時来るか言われてますので、何時かは遣らねばならないと思っている事でしょう。遣るなら早い方が良い。<< やるなら今でしょう >> という言葉がありますが、何か事か起きてからでは遅いです。どうせ遣るなら人生長く使えた方が得です。お金は新築の半分も見ておけば足ります。お金は墓場には持って行っても使えません。生きてる間に快適な暮らしを致しましょう。

リノベ1

外壁改修

外部砂岩調塗り壁ベランダタイル

外壁は塗り壁・サイディング・タイル等のお好みで仕上られます。

屋根改修

屋根素材各種

屋根の形も替えられ、瓦・平瓦・鋼板瓦等とお好みで仕上られます。

屋根遮熱

ウッドファイバー施工

暑い2階の遮熱は、野地裏にも断熱材を入れ遮熱対策も施します

窓改修

エコ内窓取り付け写真

30年経過の建具はカタガタ、最新の建具はペアガラス断熱対策済のサッシで機密はバツグンです。

ロフト・小屋裏

吹き抜け・ロフトと小屋裏収納庫

2階の子供部屋には、ロフトを追加でお作りも致します。納戸として小屋裏収納庫もお作り出来ます。

大型床下収納庫

大容量の床下収納が可能

部屋の床下をすべて収納庫に利用できるようになります。

 

ルーフデッキ

敷地に余裕のないご家庭なら、屋上にお庭をお作りできます。

断熱改修

昔の家は断熱材無し、新たに床・壁・天井に湿気に強い断熱材を施工致します。

基礎改修

昔は無筋基礎ですが、床部には鉄筋網を敷き詰め全体にコンクリートを打ち込み、湿気対策も解消します。

今までの住んでる場所から離れずに、今までより新築以上に快適な生活で暮らせます。内容は新築と同じで費用は半分、お好みの仕様で施工出来ますので、新築みたいに規制も無く、自慢したくなるような家に変わります

古くなった住まいをリノベーションする切欠の理由としては

  • 古屋付住宅を買ったので住みやすく外内装を遣り替えする事。
  • 長年住んでた家が古くなったので減築して平屋の老後の住まいに替える事。
  • 子供達家族と暮らすのに二世帯住宅に替える事。
  • 耐震性がないので骨組みから耐震改修する事。
  • 雨漏りや隙間風が入る様なので、暖かい室内で暮らせるように改築する事。
  • 雨漏りや隙間夏は暑いし冬は寒いので、二重サッシに替え、断熱が効く家にする事。風が入る様なので、暖かい室内で暮らせるように改築する事。

リノベーシヨンする数多くの施工

  • 地盤が悪い土地は、コンクリートミルクを地面に注入して固める
  • 建物を骨組みだけにして、すべての箇所に耐震補強してから仕上げする。
  • 外壁を塗壁の罅割れを、耐力壁の補強して、塗り壁&サイディングに替える。
  • スレート屋根を剥がして、軽い屋根材に葺き直しする
  • 古い単板アルミサッシをペアガラス入りサッシか又はインナーエコ内窓を取り付ける。
  • 玄関ドアも断熱ドアに取替える。
  • 床のフローリングの下に電気式床暖房シートを敷き込む。
  • 照明器具をLEDの器具に取替える。
  • 住宅設備機器の入れ替え

風呂場——-システムユニットバス
台所キッチン—-システムキッチンに ガスコンロからIHコンロにオール電化住宅に変更
便所———–シャワー付一体洋式トイレ リモコン付
洗面———–システム洗面化粧台
お湯———–エコ給湯 (台所・洗面・風呂に給湯)
ストーブ———-冷暖房除湿換気清浄機能付エアコン 

  • 室内環境を自然素材の建材を使用し、健康住宅に替える。
  • 屋根裏に小屋裏収納庫を物置として作る。

新築二世のメリット

新築費用の約半分

土地を買い、一から住宅を作ったり建て替えとなると相当な費用と手間がかかります。 新チックは既存の土地に建てられた住宅の基礎や柱、下地などをそのまま活かしてのリフォームなので格段に安くなります。
安くなる分、高品質な設備や家具を買うのもいいでしょう。

工期も半分

例として30坪の住宅の場合、平均45日程度で工事が終了します。建て替えとなると引越しや撤去作業もあり、最低三ヶ月以上はかかるでしょう。

住みながらリフォームが可能

工事はゾーンごとに行いますので、引越しや仮住まいの煩わしさがありません。毎日、我が家が希望通りに生まれ変わっていくプロセスを直接確認出来ます。

PAGE TOP