マンションのリノベーション

リノベーションマンションとは中古マンションを購入し、内装を全て解体て新たに設備機器を入れ替えをして、内装工事をしてからお住まいになる方法です。自分の希望の間取り、自分仕様のこだわりの「オーダーマンション」に変える事が可能なおすすめの方法です。

リノベーションマンション

メリットがたくさん!リノベーションの特徴

お好みの間取りで

独身の男性・女性、単身赴任者、地方からの学生、成長過程の家族などにピッタリです。実際に住んでみてからなら更に具体的に自分にあったプランが立てられます。

新築よりも遥かにお安い

中古マンションは新築に比べ安く購入できるのが最大のメリットです。中古マンション購入費とリフォーム費のトータルでの費用を見ても、新築マンションを購入するよりローコストで済む場合が多いのが魅力です。

ご希望の建材や設備機器

通常の分譲マンションにはとうてい付属していない高級な設備にしたり、おしゃれな家具を置いたり、選択の幅が劇的に広がります。無垢板フローリング・センターカウンターキッチン・珪藻土塗装・床暖房・オール電化・システムバスルームなど

配管・配線類も

水道給排水・ガス・電気工事はすべて現代配管でやり直し致しますので新築並みに安心です。

間取り変更

間取り変更・収納庫移動も簡単に出来る方法でお造り致します。家族が成長してくると、家族構成の変化に対応出来る間取りを変える事が出来ます。

近隣住人を事前に把握

既存建物の近隣住人の内容が済んでますので、事前に把握可能。新築物件では、住んでから隣人や階下の方とのトラブルで、マンションを出て行く方がいます。

通常、リフォームをしてないお部屋を中古で購入する場合、リフォーム代が別途ローンとなり、
リフォームは金利が割高で借入期間も短いため、その結果月々の支払いも割高になってしまいます。
物件は気に入っても、リフォーム費用が出せないという理由で諦めてしまうお客様も多いのです。
しかし、HLPでは売り主様と直結しているため、リフォーム費用を売買代金に上乗せして
ローンをお組みいただき、理想のマンションをご提供するという流れを組むことが可能です。

リノベーションとリフォームの違い

一般的に「リフォーム」とは、老朽化した建物を新築の状態に戻すことを言います。
「悪い状態からの改良」を意味し、リフォームという言葉を使うときは、マイナスの状態のものをゼロの状態に戻すための機能の回復という意味合いで、基本的に壊れていたり、汚れていたり、老朽化したりしている部分を直したり、きれいにしたり、新しくしたりすることを指します。
「リノベーション」とは、既存の建物に大規模な工事を行うことで、性能を新築の状態よりも向上させたり、「革新、刷新、修復」を意味し、価値を高めたり、プラスαで新たな機能や価値を向上させることを意味します。よりデザイン性の高いものに改良したり、住環境を現代的なスタイルに合わせて間取りや内外装などを変更したりすることなどが含まれます。

リノベーション工事

  1. 資産価値を高めるための大規模な改造
  1. 増築・改築や建物の用途変更
  1. 自分のニーズに応じて自由に自分らしさを表現することができる。
  1. 住まいに対するイメージは人それぞれです、世界で1つしかない住まいを創る事が出来ます。
  1. 間仕切を撤去し、広々としたリビングに替え、お好みの設備品など、既存の住まいでは味わえない事がて来ます。
  1. 新築より、中古を購入してリノベーションする費用の方が、20%~30%程安く済みます。
  1. 新築の戸建やマンションの価格は、新築後15年間で大きく下落し、その後は景気に応じて緩やかに上下するようです。そのため、築20年以上の戸建やマンションを購入することで、購入後数年で市場価格が大きく下降するリスクを避けることもできます。

団地リノベーション

  1. 団地は、建物が敷地に対してゆったりと建てられている場合が多いです。
  1. 隣の棟との距離が広く取られていることで、日当たりや風通しが良く、敷地内に公園など子供の遊びスペースが充実しており、子どもを目の届く範囲で遊ばせることができ安心です。
  1. 比較的に価格も安価で仕上がります

◆エリア限定の都市部へ住みたい方
エリアを限定して新築のマンションをお探ししても、中々無いのが通常ですが、中古の戸建てやマンションを購入しリノベーションする事に目を向ける事で、豊富に選択肢が広がる事かと思います。

 

古民家のリベーション

古民家の柱や梁などの材料には、樹齢100年のヒノキやケヤキなどが使われています。樹齢100年のヒノキの場合、伐採されてから100年後に最も強度が高くなり、その後、200年から300年間は、その強度が維持されます。さらに、その強度が落ちるのは1200年ほどからと言われています。また、ケヤキの場合でも、強度が落ちるのは800年ほどからと言われています。古民家は古いからという先入観から、リノベーションの際、強度について対策を行わないといけないと心配する方がいますが、ほとんど心配する必要はありません。また、古民家の柱や梁などの材料は現在では入手が困難で、入手するのに相当な費用がかかり、入手すらできないこともあるため、希少性が高いことにも魅力を感じるかと思います。

見積もり書の内容だけではなく、打ち合わせなどで見えてくる業者の対応力や姿勢などにも判断基準にするとよいと思います。諸経費とは、リノベーションにともなう細かな経費のことであり、業者の交通費、建材などの運搬費、現場監督費、粗利益などが該当します

自分の希望の間取り、自分仕様の「オーダーマンション」に変えるために

既に実際建っているものを見る事で、そこから何をすべきかを判断

新築マンションの購入が多い中、中古マンションを購入してリフォームする方は、まだまだ少ないようです。
新築マンションの場合、目玉となる間取りのモデルルームで見たときだけの判断となりますが、中古マンションの場合、既に実際建っているものを見る事で、そこから何をすべきかを判断できます。
例えば、新築マンションを建てる際、図面で見たときに南向きバルコニーを見て日当たりが良さそうだと思っても、実際建ってみると思ったような出来ではなかったことで、不満が残ってしまった…という場合があったりします。隣近所ではどうでしょう。ライフスタイルが違うファミリー向けのマンションであれば、自分の快適な生活が望み通りにいかないかもしれません。しっかりと自分の目で見て確かめる!新築マンションではできなくても、中古マンションでは、選ぶ時に全て確認できることなのです。また、そこから自分の希望の間取り、自分仕様の「オーダーマンション」に変える事ができるのです。
特にこだわりのある「働く女性・シングルの女性」にお勧めします!自分の思い通りのマンションが手に入るという考えは、シングル女性の新しい価値観と言え、自分のスタイルのための価値ある財産を持つという、真剣にご自分の人生を考えている女性にお勧めです。

経験の有無はリフォームの成功を大きく左右

自分の用意できる現金はどれだけあるのか、自分が毎月どれくらい無理なく返済できる金額はいくらなのかを確認しましょう。ボーナスをあてにした返済は考えない方がお勧めです。またどのくらいの年数で返済を終えたいかを明確にさせましょう。正社員の方なら定年前というのが原則。自営業の方もご自分の定年について考えた上で出しましょう。ローン年数が多いとその分利息もかかります。住宅ローンを少なく借りて早く返していくのが、基本と言えます。

参考として、年収(手取り)に占める返済額の割合を 「年収負担率」 と言います。理想は 20%~25% と言われています。(個人差は、あります)

経験の有無はリフォームの成功を大きく左右します。注意したいのは、施工会社の営業年数が長くても、新築の経験はあるがリフォームはこれから、という場合です。まったくないところで一から建てる新築工事とリフォームとはまったく異なった経験が必要だからです。すでに出来上がった建物の、見えない部分を予想しながら工事するのがリフォームです。マンションの場合、竣工時の図面がある場合とない場合があるので、解体時に初めて分かる配管を発見することもあります。その都度、設計者・工事会社と打ち合わせをし、お客さまと追加金額を決定していきます。その場合、経験のある設計者・工事会社であれば安心です。また、資格や許可のある設計や工事会社は、身元もわかりますし、勉強熱心で安心の目安になります。

L型カウンターシステムキッチン
L型システムキッチン
システムユニットバスルーム
システムユニットバスルーム
ドレッサー洗面
ドレッサー洗面
焼き杉うづくりフロア
焼き杉うづくりフロア
杉うづくりフロア
杉うづくりフロア
L型間仕切り
L型間仕切り
3本引き戸
3本引き戸
ガラスパーティーション1
ガラスパーティーション1
段違いロフトベット下
段違いロフトベット下

3LDK基本価格は延べ面積(㎡あたり/10万円)

リノベーション・マンションの建物内装は豪華設備付で3LDK基本価格は延べ面積(㎡あたり/10万円)
建物内部は解体処分致しますので、どんなに古くても構いません。古い建物をお安く買えれば、その分内容を良くして購入できます。

リノベーションマンション価格

見積もり書の内容だけではなく、打ち合わせなどで見えてくる業者の対応力や姿勢などにも判断基準にするとよいと思います。
※諸経費とは、リノベーションにともなう細かな経費のことであり、業者の交通費、建材などの運搬費、現場監督費、粗利益などが該当します

中古マンションを選ぶときのチェックポイント

建物の骨組み・メンテナンス

リフォームを前提としたマンション選びの基準は、マンション全体のメンテナンスがきちんと行われているかが重要です。室内の壁紙や床の内装はリフォーム時に新品へ交換するため、多少古くても問題はありません。
注目するべき所として、外壁にヒビが入っているような場合はコンクリートの劣化が考えられますし、共有部が掃除されていない・錆ているような場所は管理組合が機能していない証拠です。
建物の骨組みがしっかりしていて、共用部である上下水道やガス・電気などがきちんとメンテナンスされていれば良い物件といえるでしょう。

以上のことから、マンションのメンテナンスはどのように行われているか不動産会社にしっかりと聞き確認を取っておく必要があります。これは、入居後の思わぬ出費を無くす為にも必ず行うべき確認事項のひとつです。

マンション特有の制限を確認

マンションリフォームには、マンション特有の制限があり思い通りのリフォームを行う事ができない場合があるので注意が必要です。
マンションには、自由にリフォームしてよい 「専有部分」と管理組合の許可が無いとリフォームできない「共用部分」と呼ばれる2つの個所に分類されています。

「専有部分」にもリフォームできない個所があり、マンションの構造を支えている個所(外壁や柱など)はリフォームすることはできません。

物件探しは当社不動産部にて、お探し致します。

当社にて契約頂けますと、特別に豪華設備機器に変更してお取り付けいたします。豪華設備機器とは一流メーカーの当社オリジナル商品です。(センターカウンターキッチンん・システムバスルーム乾燥機付き・シャワー一体式トイレ・カウンター一体シャワー付き洗面化粧台など)

PAGE TOP