Works

日本最高峰の耐震性耐久性を目指して、耐震木骨工法の開発

注文住宅へかけるHLPの思い

私たちが、様々な木造在来・ツーバイフォー・鉄筋・軽量鉄骨など様々な建築工法に対応しご提供するのか。本来は自社の得意とする工法だけに絞りご提案施工する方が利益率は上がります。また、目に見えない部分「耐震木骨」や「トップランナーハウス」など耐久性耐震性断熱性に優れたマイホームをご提供し続けるのは、ひとえに地元の工務店・不動産屋さんとしてこれからも町田市・相模原市を基盤として会社を存続させるからに他なりません。2世代3世代と続く家・施主様と業者との繋がりこそが喜びです。日本最高峰の耐震性耐久性を目指して

パネル工法

2×4工法」とも呼ばれ、木造建築物の工法の一つで、角材の枠に構造用合板を張ったパネルを組み立て て建物を作る工法のことをいいます。これは、北米で生まれた建築工法で、2インチ×4インチの角材による枠と、構造用合板を組み合わせたパネルを面として、床・壁・天井の六面体を構成するもので、また躯体はその六面全体で支えられるため、柱のない広い空間を確保でき、耐久性や耐震性、断熱性、気密性にも優れているのが特徴となっています。ほぼ全ての資材を工場で生するため、製品にバラツキがありません。精度が高く均一化され、居住性をアップさせます。

輸入住宅

おしゃれな外観の輸入住宅にも対応します。そこにも私たちのこだわりがあります湿度の高い日本の風土に適応させた資材の利用を致します。

木造在来工法

日本の風土に適した工法。軸組工法による木造住宅は、容易な増改築、悪くなった部分の修理・補修が簡単です。当社グループでは、ご両親がお建てになった家の増改築なども多く手がけておりますが、他の工法に比較してとても安価に増築されていらっしゃいます。
耐震性に弱点がありますが私たちでは「耐震木骨工法」「トップランナーハウス」を取り入れていただくことも可能で、現在の建築技術で考えうる最高レベルの技術でお応えします。さらなる安心のための技術です。

耐震木骨工法

日本の風土に適した木造で最大の安心を探して、辿り着いたものが、柱すべてに通しボルトを沿わせる工法でした。基礎から土台そして柱の横に、長く太い3mの通しボルト (Φ16mm)を貫通して、梁の上で上の柱に入る通しボルトと接合。基礎から土台・梁・柱・桁と全てを通しボルトで連結します。さらにボルトの先端には接合部の木痩せによる収縮の隙間を地震等の揺れにより自動で締めることが可能なウルトラナッターを採用しました。 さらに2種類の筋交いと多くの金物を用い「壁倍率8.0倍」という、木造住宅では日本最大の強度を実現しました。これは木造住宅でありながら鉄筋コンクリート造り同等以上の頑丈さを示します。

自動的に常時締め付けるウルトラナッター

木材の家を造る限り、建ててから時間が経つと「木痩せ」による隙間が出来、ボルトやナットの接合部が緩み、構造がもろくなります。しかし、ウルトラナッターは木の収縮を利用して、自動的に締め付け、絶対にゆるまない機能があります。

さらなる耐震性能向上

在来工法では、揺れに対する対策は木造の筋交い取付、構造合板を耐力壁に貼る方法が一般的ですが、当社の工法では、複数の耐力壁を採用でき、更に最大3つの組み合わせを自由に取り入れることができます。
その3種類の構造を採用したときの最大壁倍率は、なんと8.0倍という脅威的な数値を出す事に成功しました。住むのにとても余裕のある安心感を抱く事ができます。

トップランナーハウス

外断熱工法の中で、最も経年劣化が少ない素材で断熱素材は39年の実績で業界一を誇ります。外部の耐力壁だけで内部の耐力壁は不要。  (内部の模様替え、建具・収納庫等が自由に変更出来ます)

・耐力壁は業界トップクラスの壁倍率5倍
防火構造認定を取得した耐力壁で強

構造

・高断熱でも薄く軽量
躯体内結露の発生が無い
・ヒートショック現象防止
・湿気を防ぎ、家の胎教力を防止
・カビやダニの発生を防止
・シックハウス防止
・CO2を大幅に削減
・鋼板の上に直に仕上げ材施工が可能(塗り壁・塗装・貼り物)
・どんなサイディングでも仕上げは可能
・内部の仕上げは素材を露出でも可能

いいことだらけですが、施工費用じゃ若干高くなります。でもローンや税制優遇措置

・Ⅳ地域次世代省エネ基準クリア
・フラット35・35Sの適用可
・省エネ エコポイント適用可
・住宅省エネラベル表示制度可
・住宅品質確保法適用可

冷暖房費の削減と高耐久性で初期費用はすぐに元が取れちゃいます。
カタログ
http://www.nisc-s.co.jp/catalog/panel_0501.pdf

ジャパンホームズグループでは在来木造建築でもツーバイフォーなどのパネル工法でも、本当の意意味でのエコ・省エネ住宅をみなさまにご提供しています。

こだわり

必ず地盤調査いたします。地盤が悪ければ地盤改良いたします。基礎は鉄筋コンクリートべた基礎で基礎パッキング工法で致します。瑕疵保証10年保険制度に加入し、施工中に検査を受け、検査済書を頂きます。
10年保証の保証書を発行いたします。
現在の建築工法で考えられる最高レベルの高断熱・高耐震性・高耐久性の家をご提供することが可能です。

後悔しない家創り

決して安い買い物ではありませんし、一生に何度も家を作る方もそう多くいません。だから、知らないことも多いのは当たり前、でも「なんだ、そんなのがあったんだ、聞いとけばよかったー!」と思いながらローンを払い続けますか?そうならないためにジャパンホームズグループでは、様々な工法のメリットデメリットをご説明し長く住むのにふさわしい家のご提案を致します、無論初期費用を抑えたいという施主様にはそのような設計でご提案を致します。
H外断熱工法は他社と一味違います。その違いはすべて二重通気層・二重断熱層で造られてます。二重断熱の内側の充填断熱材は自然素材のウッドファイバーを使用してます。
 階下音対策がすべてのタイプに施してます。窓は結露対策として断熱サッシを使用してます。窓はすべてペアガラスで、日差しの強い場所はローイーガラスを使用してます。防火基準はすべて準防火仕様で使用出来る製品です。
構造体工法が選択出来ます。(在来軸組み・金物工法・木骨工法)外壁の耐力壁は2X4工法と同様の面耐力壁で、耐震性は抜群です。
木材の木痩せに対する集結金具(ナット)は耐震ウルトナッターを使用してます。
外壁の仕上げ方法に合わせた施工方法を選択出来ます。
二重断熱の内側の充填断熱材は自然素材のウッドファイバーを使用してます。
オプションとして、屋根を更に断熱性をあげる断熱野地板、トップランナーハウスもあります。

次世代住宅とは
http://special.nikkeibp.co.jp/as/201401/greensmart/ blockqote  

020年までにすべての新築住宅を対象に新基準への適合の義務付けを決定

省エネ住宅に住まうメリット

①快適な暮らしの実現

高断熱、高気密化された住宅は、室内の温度を一定に保つことができます。
床と天井付近など、温度差を小さくすることができるのです。
つまり、室内どこにいても快適な室温が実現します。

②省エネルギーの実現

世界水準の省エネルギー率が実現するので、今までの暖房費用と同じくらいの金額負担で、全室冷暖房が可能になります。

③健康的な暮らしの実現

高断熱、高気密化された住宅では、寒暖差のストレスのない快適な室内環境が実現します。
また、計画的な24時間換気によって室内の空気を常に清浄に保つことができるので、健康的な暮らしが実現します。

④耐久性の高い住宅の実現

省エネ基準によって正しく施工された受託では、壁ないの結露を防ぐことで構造 部材の腐食を防ぎ、住宅を長持ちさせることができます。
高性能な住宅を定期的にメンテナンスし、維持管理を行うことで、住宅としての価値も高まります。

等級4:次世代省エネ基準
等級3:新省エネ基準
等級2:義務基準
等級1:義務基準以下

断熱は快適で省エネ生活の基本です

ハイブリット(HV)

●オプションとして超断熱キューワンボート仕様

ウッドブリ-ス(WB)

パンブリック(PB)

関連記事

PAGE TOP