HLPではすべてダブル断熱・二重通気構造です

住まいに対してこんな不満ありませんか?

  • 花粉症なので屋内でも涙やくしゃみが出て困る。
  • 窓は、砂ぼこりや風が仕事にさしつかえるので開けられない。
  • 廊下と部屋の温度差が激しい。
  • 冬、トイレが寒い。(お風呂も寒い)
  • 夏は冷房をかけている部屋の方が廊下より暑いことがある。
  • 部屋の中に温度差がある。
  • 湿気が多いと困るモノが多い。(紙類等)
  • 冷房には弱いのだけど、夏は暑くて寝られなかったりもして冷房をかけっ放しにせざるを得ない。

外断熱のメリット

外断熱工法とは、基礎から屋根までを壁の外側から高性能な断熱材で包み込む工法で下記のようなメリットがあります。

  • 気密性が高く、冷暖房効率がよい。(例えば夏はちょっとエアコンをかけるだけで、切ってもずっと涼しい。)
  • 家全体を覆うので、床下も屋根裏も他の部屋とほぼ同じ温度、湿度。
  • 壁の中も結露の恐れがない。
  • 壁の中の乾燥状態が守れるため、湿気による木材の腐朽やシロアリ被害の恐れがない。

二重通気層・二重断熱層

二重通気エアーサイクル工法

HLPではすべて2重通気層と2重断熱層以上を設けています。
日本の昔の民家のように風通しがよくて爽やかな家。北国の厳しい寒さも寄せ付けない魔法瓶の様な家。この相反する2つのタイプの良さを1つの家で両立させたい。そのような考えのもとに研究、開発されたのが「二重通気エアーサイクル工法」です。外周通気構造と内壁通気構造の二重通気工法を併用し、空気熱と臭気を快適にコントロールできる工法です。壁内・室内の汚れた空気を排出し、室内温度を安定させ、健康的な空間を作ります。ドリームホームは、4重の通換気循環構造をもつダブルサイクル方式を採用。エクストサイクル(外側の通気層)は、通常外気に対して開放されており、排湿・排熱の役目をします。インナーサイクル(内側の通気層)は、冬には暖気の伝達、夏には排熱・排湿及び冷気の通風の役目を果たしおり、年間を通して住む人にやさしい快適な住環境を提供します。又、外周一階壁内上に炭が入り、壁内と室内の調湿・消臭・マイナスイオンの発生効果があります。室内循環システム(全館の対流層)は、室内の温度と空気の対流を起こすためにサーキュレーターとシーリングファンで上下左右の空気を対流・撹拌させて室内全体の温度を均一化させます。給排気熱サイクル(全館の熱上昇)は、夏は涼しい北側の吸気口から、冬は南側の吸気口から新鮮な空気を取り入れ、寒い日は気密シャッターを閉じ、又小屋裏に排熱換気扇が設置され夏の暑熱を処理し、冬は室内の暖かい空気を上昇させ熱を引っ張り上げるのに一躍発揮します。又、吸気口に桧のフッチンドットを入れてあり、空気の除菌とマイナスイオンの発生効果があります。

外周通気構造

外壁周りの基礎上から外の新鮮な空気を取り込み、外壁中から屋根下を通し、屋根のてっぺんの棟換気口から排出する構造。

外周通気構造

内壁通気構造

室内壁全体の中を床下→内壁→天井→小屋根裏を通り、棟換気口から排出する構造。自然な温度差で循環換気し、室内の雑菌・悪臭・粉塵や室内の温度差を解消します。

内壁通気構造

二重断熱層

当社の住宅では外断熱と内断熱、最低でも2重の断熱層を設け、少しの冷暖房により快適な室内温度が保てます。

外断熱
内壁断熱

ダブル断熱・二重通気構造5つのプラン

当社が自信をもっておすすめ出来る当社ならではの5種のプランをご用意いたしました

  • ドリームホームはすべてがダブル断熱・二重通気構造です。
  • 内部断熱材はすべてが体に優しく安心して暮らせるウッドファイバーを使用。(輻射熱解消素材の超断熱性・不燃防火性・防音効果大・調湿性能大・抗菌作用有)
  • 2.3階の床構造は3重の床構造で足摺音の解消工法です。
  • 3つの工法(在来工法・金物工方・木骨工法)から選択する事も出来ます。
  • すべてが、べた基礎・パッキング工法・プラ束・比婆土台です。
  • すべてが、外部耐力壁は面材工法・集成構造柱・乾燥構造体を使用。

ドリームハイブリッド

反射断熱(アルミ材反射熱)+外断熱(硬質断熱材)+充填断熱(軟質断熱材)に通気層を加えた多層断熱構造が、熱伝導を徐々に落としていく為、建物自体にも優しく、もちろんご家族も快適な生活を送れます。

dream11

オールインワン

断熱・耐震・防火の三つを揃え得たサンドイッチパネル「ニスクボード」を外壁・野地板に使用。耐力壁が外断材を兼ね、防火性もクリアーし、野地板を一体で外断熱構造に仕上げました。(内断熱材はウッドファイバー) 

キューワン

反射断熱材(遮熱)を張ってあるので、他の素材と比較しても優れた性能を発揮します。
従来の硬質ウレタンフォームの常識を破る経年性能に優れた高性能硬質ウレタンフォームボードです。

HLPドリームホームキューワン
HLPドリームホームウッドブリース

ウッドブリーズ

外断熱工法で塗り壁工法でひび割れがほとんど無く、防火基準をクリアーした画期的な工法です。
ウッドブリウス外断熱、品質の高さとお求めやすい価格を両立させたプラン。

メンテナンスフリーのパンブリックレンガタイル外断熱工法で最もハイグレードなプランです。

HLPドリームホームパンブリック

ウッドブリース

優れた透湿性能を持つ素材の開発と、壁面構造自体の十分な排湿性能の確保により、外壁内部の通気層の施工を必要としない工法を開発。地震・台風・火事などの災害に強く、簡単に導入できる高性能断熱・気密施工システム、それがウッドブリースです。

ウッドブリース外断熱の構造

ウッドブリースの構造
  • 従来の繊維系断熱材よりも結露の心配がありません。
  • 水蒸気・雨水の壁体内への進入を許しません。
  • 予期せぬ水の浸入も想定し、外部放出を設計。
  • ウッドブリースの断熱材は防火性能を有します。
  • 通気層がないので外壁施工の安定度が高く、他の一般的な外断熱工法と比べて剥落・クラックの危険性が少ないため、塗り壁に対応します。

ウッドブリース外断熱の特徴

高気密・高断熱

外断熱は、内断熱に比べて隙間なく断熱を効果的に行えます。開口部において壁は最大のエネルギーを失う場所なので、ここを外断熱にすることは大変効果的です。省エネにもなります。

耐結露性・耐浸水性・耐久性

ウッドブリースは、水蒸気を室内から外部へ逃がす透湿理論に基づく外断熱工法で、結露で躯体が腐ったり、断熱材が水分を持ったせいで断熱性を失ったり、カビが発生するというトラブルから家を守ります。通常は浸水はありませんが、万が一に備え排水層を設けてあります。

エコロジー

鉱物繊維系断熱材のように有害物質が室内に飛散せず、全室の温度差が少ないのでカビも出ません。製造に有毒ガスを使用することもないので、人に優しく、地球に優しい断熱材です。リサイクルも可能です

エコノミー

ウッドブリースは施工単価が安く、冷暖房のランニングコストを大幅節約。内断熱グラスウール100㎜を外断熱EP38mmに壁のみ変更した場合で、冷暖房費が1/2に削減された実績がありました。

アールデコ

ウッドブリースは他に例を見ない多彩なデザインが表現できます。無限の色彩とテクスチャー、そして装飾が可能です。

遮音・防音性

気密性・断熱性が高まると同時に遮音・防音性能もアップ。外部からの騒音や室内からの音漏れに効果的です。

耐クラック性

断熱材1枚1枚が細分化され壁全体が壁全体をガラスネットと樹脂モルタルと弾性の高い仕上材で包んでいますので、クラックができにくい構造となっております。

防火・耐火性

新素材の断熱材は、木造在来工法、枠組工法、RC工法で38〜70㎜の外断熱工法が可能です。炎に触れても燃えにくく、形状が崩れにくいのも特長です。

ウッドファイバー

ウッドファイバー耐火性能・断熱効果・防音効果に優れた進化した断熱材です。

当社の内断熱材は断熱材としては最高のウッドファイバーを使用してます。当社の外断熱工法は内断熱も入り、二重の断熱材で施工致します。 なぜ内断熱材が入るかと言うと、断熱性能も良くする事はありますが、今年のように夏暑く、輻射熱で夜遅くまで、室内温度が冷めない事が無いようにする為です。断熱材は冬の為に室内の暖まった温度を逃がさないようにする為の製品でした。 しかし首都圏は冬より夏の遮熱対策も考えねばなりません。

特に外断熱に使うプラスチック系の硬質断熱材は熱を溜めてしまう性質もある事が解りました。そこで内部に熱を保持しない性質の断熱材も入れないといけません。特に内部側ですので、空気が換気循環しているので、体に優しく、安心な素材を使用してます。それがウッドファイバーです。

ウッドファイバーは繊維系で調湿性に優れ、抗菌作用・防音対策・不燃処理された天然の木材を加工した製品です。セルローズファイバーと言う製品を聞いた事があると思いますが、断熱防音性能は殆んど一緒ですが、セルローズファイバーは古新聞紙から造られてますので、印刷インクや不燃処理材のホウ酸が体に悪いのではと、閉ざされてます。健康と断熱・熱の保持対策を考えたら、これに勝る製品は無いでしょう。

ウッドファイバーはセルローズ断熱ボードとも言います。セルローズファイバーは養生して吹き込みする施工方法になりますが、ウッドファイバーはマット状に加工してますので、大工さんが現場で施工しやすく出来てます。セルローズファイバーみたいに吹き込み方法は長い期間が経つと、 上の方が収縮して空洞になりやすい為、性能が落ちますので、当社はウッドファイバーを取り入れました。これはドイツからの技術により導入され、日本でも始めて北海道で作られた製品です。性能はセルローズファイバーと一緒です。 セルローズの性能はご存知と思いますが、断熱性能・防音性能・防火性・環境に配慮した断熱材では体に優しい一番にお奨めの製品です。

ウッドファイバー(木質繊維断熱材)は、断熱性能はもとより、熱緩和・防音・防耐火・調湿機能など、木でなければ持ち得ない特性に加え、生産に必要とするエネルギーが他の建材に比べて極端に小さく、 生産や廃棄の過程で廃棄物の発生もない等、住む人や作る人そして環境に優しい画期的なエコ建材です。

 

「ウッドファイバー」は生産に必要とするエネルギーが他の建材に比べて極端に小さく、生産や廃棄の過程で廃棄物の発生もない等、住む人や作る人そして環境に優しい画期的な次世代型エコ建材です。 また、地域の未利用の森林資源を原料とする「地産地消」商品であり、地域社会の活性化や森林再生にも貢献いたします。 また、素材としての木質繊維およびそれから作られる製品は、様々な用途開発の可能性が秘められているとともに、地域の未利用の森林資源を原料とする「地産地消」製品であり、地域社会の活性化や森林再生にも貢献いたします。

ウッドファイバーの断熱性

断熱性能はグラスウール16Kの約5倍以上・厚さでは性能の良い硬質断熱材と同等となります。断熱性能の実験の結果、二軒の同一建物に同一断熱構造で、ロックウールとウッドファイバーを施工した結果、 ロックウールより10mmも薄かったのに、夏場の気温で6度Cも涼しい事が解りました。グラスウール16Kの約5倍以上の性能があると言われてます。ヘアードライヤーでなく、夏の野外の太陽熱だとしたらどうでしょう。
断熱材の卓越した蓄熱性とその重量は、従来の断熱材と比べて、最大で約2.5倍もの断熱性能アップを達成いたします。

断熱・熱緩和性

低い熱伝導率と大きな熱容量(グラスウール16Kの約5倍以上)により省エネに貢献。 
熱い地域→夏の暑さの緩和(冷房エネルギーの低減に寄与)
寒い地域→蓄熱・保温効果(暖房エネルギーの低減に寄与)

木質繊維断熱材を壁・屋根に施工。極寒期(2/15~3/2)の温度変化を記録しました。

低い熱伝導率と大きな熱容量(グラスウール16Kの約5倍以上)により省エネに貢献。 熱い地域→夏の暑さの緩和(冷房エネルギーの低減に寄与) 寒い地域→蓄熱・保温効果(暖房エネルギーの低減に寄与) 木質繊維断熱材を壁・屋根に施工。極寒期(2/15~3/2)の温度変化を記録しました。

調湿性

室内に設置する断熱材の中で調湿性能のある唯一の断熱です。 ウッドファイバーはグラスウールやロックウールにはない構造で、湿度をコントロールし、結露とカビの発生を抑制し、細孔に取り込まれた水分子は動きません。 木質繊維断熱材なら、1m³あたり7リットルの水蒸気を保持可能し、30坪の戸建て住宅に使用した場合、420リットルを蓄えることができます。

湿度をコントロールし、内部結露とカビの発生を抑制します。

木質繊維断熱材
17%=7リットル

調湿性ウッドファイバー

鉱物繊維断熱材
2%=0.5リットル

調湿性ウッドファイバー

木質繊維断熱材なら、1m³あたり7リットルの水蒸気を保持可能。
30坪の戸建て住宅に使用した場合、420リットルを蓄えることができます。

調湿性ウッドファイバー

外気温の変化
木質繊維断熱
材100mm/INTELLO(調湿シート)
グラスウール100mm/PEシート
断熱材室内側の相対湿度変化(旭川:I地区)
WUFIプログラム(熱・湿気輸送の非定常シミュレーション

湿度をコントロールし、結露とカビの発生を抑制。
グラスウールやロックウールにはない構造。細孔に取り込まれた水分子は動きません。

木の細孔構造

木の細孔構造

調湿性ウッドファイバー

※図:京都大学名誉教授 石原茂久氏より

気体の水分子のサイズ:
 直径2.82A~2.4A (0.282nm~0.24nm)
木の細孔
 マクロ孔:直径50nm(ナノメートル)以上
 メソ孔:2.0~50nm
 スーパーミクロ孔:0.5~2.0 nm→水分子は2~7個入る
 ウルトラミクロ孔:0.5nm以下→水分子は1~2個入る
液体の水の分子数:1cm³当り
 100,000,000,000,000,000,000,000個=1023個
※図:京都大学名誉教授 石原茂久氏より

ウッドファイバーの防音性

防音性能も断熱材の中では一番で、室内の間仕切り壁や天井に入れれば隣の声が聞こえません。 吸音性に優れ、屋根や床などに敷設することで、静かな居住空間の創出に貢献します。 窓からの防音効果は68デシベルと防音効果抜群です。交通の激しい通りからの騒音や楽器等の音響効果も遮ります。隣に寝ているお父さんもリビングでカラオケしていても気にならなかったとの実績があります。

ウッドファイバーの防火性

素材も防炎処理してますので火災が起きても素材は燃えません。 石油系断熱材と違い、ライターで火をつけてみて実験しても燃えませんので安心してお使いいただけます。素材の難燃〜不燃認定、防火構造30分、準耐火構造45分の国内認定取得を予定しています。 難燃剤としてセルローズファイバーみたいにホウ酸は使わずに、ポリ燐酸アンモニウムを使用してますので安心です。

ウッドファイバーの施工性

木質繊維断熱材は、木造建築にフレキシブルに適合しフィットするのと、適度な密度と柔軟性があるため、構造体との間に隙間を生みません。そのため建築物理面でも効果的で有利な特性をもたらします。 叉、優れた形状保持性を有していることから、木材の経年による変形にも順応し、時間が経過しても音漏れやヒートブリッジに繋がる隙間ができません。

ウッドファイバーの環境・安全性

木質天然素材でVOCフリー。 調湿と防カビ性により、シックハウス・アレルギー対策に貢献、快適な居住空間の創出に貢献します。(F☆☆☆☆取得) 2010年2月26日付で「ウッドファイバー」が、環境保全に役立つ商品に対して与られるエコマーク商品認定を取得いたしました。
木の香りには心を落ち着かせ、リラックスさせてくれる効果があります。その主な成分は「フィトンチッド」と呼ばれています。実験の結果では、血圧を下げたり、ストレスホルモンの減少や、脈拍の乱れを少なくしてくれる働きがあります。 木の香る住まいなら、よりリラックスでき、明日への活力が生まれます。木の精油には強い抗菌・殺菌作用があります。
喘息やアレルギー性皮膚炎等の原因に、ダニやハウスダストがあげられます。床をカーペットからフローリングに替えるだけで、床を木材の調湿効果や木材に含まれる成分が有効に働き、ダニが現象します。 木には抗菌作用があり、木の家に住むと10年は長生きするとも言われており、木には浄化作用もあります。

二クスボード

防火・耐震・断熱性能抜群。硬質断熱材で最も経年変化なし

二クスボード

高い断熱性

芯材に最高レベルの断熱材を使用。 さらにゼロフロン化も実現。断熱性能の経年劣化が少ないため、住宅の性能が長期間維持できます。二スクボードの外張り断熱住宅は、 充填断熱工法で発生しやすい壁体内結露を長期間抑制します。

安心の防火性能

ニスクボード住宅用下地パネルは 防火構造認定を取得しており、安心して採用いただけます。

優れた耐震性

様々な実験で証明された優れた耐震性能。(耐震等級3対応可能)静的挙動実験で優れた耐震性能を実証!少ない面構造で高強度を実現。

PAGE TOP